2023年6月25日、第38回サロマ湖100kmウルトラマラソンに挑戦しました。

サロマへの道

伝統あるサロマ湖100kmウルトラマラソンは、常人離れしたエキストリームな大会。

自分のようなにわかランナーが走るレースじゃないし、

経験もなく憧れだけで参加するには大きなハードルがありました。

エントリーしたからには出来る準備はしようと、

数ヶ月にわたり、コツコツと足を作りました。

ところが、直前の脹脛の肉離れで一時は参加を諦めかけました。

レース4日前に医者から1か月は運動禁止と言われてしまったからです。

5月下旬のフルマラソンのリカバリーが不十分なまま練習をして身体に負担が掛かっていました。

それでもあきらめの悪い僕は、悩んだ末に、

途中リタイアを前提としてスタートラインに立つことにしました。

レースへの出場条件として自分の中で決めたことは、

絶対に無理をしないこと

具体的には、他人に迷惑を掛けないよう日常生活に影響させないこと、そしてその後のランニング生活に支障を残さないこと、と決めたのです。

もちろん、100kmは完走するのに無理をしないことはあり得ません。

だから、途中でリタイアすることが前提と思っていました。

レース当日ほ、気温が28℃まで上がる厳しいコンディションで、完走率は65%となりました。

そんな中、サロマの神様は僕に味方してくれました

ケガを考慮したテーピングと低速走行作戦が功を奏し、

制限時間13時間の7分前でキセキのフィニッシュ。

望外の完走を果たすことができました。

聖地巡礼

終盤の75-93キロ。

ワッカ原生花園のある砂州が隔てる

オホーツク海の青とサロマ湖の青

そして広大な北の青空とで構成される

サロマンブルー」の景色に包まれました

身体は疲労困憊、意識は朦朧

1秒でも早くゴールして休みたいのに

「この世とあの世の間を彷徨う」

僕は幼い頃によく見た夢の中にいるような感じで、

この光景がずっと終わらないでほしい

と思う不思議な感覚になりました。

走る前に思い描いていた以上の世界が、そこにはあリました。

サロマはやはり聖地でした

旅はつづく