2023年6月25日、第38回サロマ湖100kmウルトラマラソンに挑戦しました。

北の聖地に向かって

いよいよ聖地に向かって出発

自宅を出て最寄駅から電車に乗り込み、羽田空港へと向かう。

小型のスーツケースとリュックが一つずつ

去年の黒部と富士五湖の時と同じ

100キロの距離とドロップバックの分、荷物が増えた。

不安を抱えて

問題は、これまでになく気分が上がらないこと。

理由はひとつ

完走できないことを前提としての参加だから

前日まで、いや、朝起きるまでキャンセルするか迷っていた

都合の良いキセキは起こらなかった

左脹脛の爆弾は確実にそこに静かに潜んでいる。

いつ爆発しても不思議でない

この3週間ずっと敏感に観察してきたので僕にはわかる

先週と先々週の週末はこなせたので、6分ペースで2時間耐える可能性はあると思う。

結局、今週は走ったのは火曜の皇居ランのみ

その際、2周目に入ったところで古傷の肉離れが発生した

それ以来、まったく走っていない。

これは良いテーパリングになったと考えたい

4週前のフルマラソンでは、直前までの練習の疲労が抜けきらずレース序盤から失速する経験をした。

聖地を目指す理由

それにしても

2月に僕がランネットでサロマ湖100kmマラソンにエントリーのクリックをしたのは

「聖地サロマへの憧れ」

と怖いもの見たさの勢いからだった。

4月のチャレンジ富士五湖で62キロを完走することができ、100キロのイメージが少し持てた。

5月にGWにトレランで8時間走して、月末には距離走を兼ねて黒部でフルマラソンを走った。

気がつくと今年2月から連続して月間走行距離が200キロを超え、複数のレースもこなして、100キロマラソンへの準備は順調に整った。

僕の中の気持ちは日を重ねて少しずつ昂り

サロマへの憧れは確実に目標へと置き変わった

そしてこの聖地への挑戦によって、僕は自分が走りはじめた意味を見出したいと思っていた

一つの区切りとして。

つづく(サロマ湖100kmウルトラマラソンのこと#3【レースログ】