2022年8月、奥日光を旅行した際に中禅寺湖の湖畔を走りました。

中禅寺湖のホテルに泊まって迎えた早朝、静寂の湖畔をジョギングします。

ホテル目の前の中禅寺湖半ボートハウスの前を横切って、120号線を華厳の滝方面へと向かいました。

狭い道路で歩道も十分ではありませんが、時刻は6時前ということもあり、車や通行人にはほとんど見かけません。

さすが避暑地だけあって、半袖と短いショーツ姿で涼しいくらいで、走り出して身体が温まって心地良い温度です。

出発してからしばらくは下り基調が続き、あっという間に3キロほど、男体山の登山口である二荒山神社の前となります。この辺りでこれから山に入ろうとするハイカーとすれ違います。

そこからほどなく華厳の滝の方向に向く大きな赤い鳥居の下とくぐり、道路を右折して250線を湖に沿って走ります。

高級リゾートのザ・リッツ・カールトン日光や界 日光の前を通り、中禅寺を抜けて湖の奥へと進んでいきます。

中禅寺の少し先にある歌ヶ浜の駐車場には、大勢のオートキャンパーたちが宿泊していて、目覚めはじめた人たちが、目の前の湖面を眺めて朝を過ごしています。

この先の辺りから別れ道を林道側に入り、早朝のブナの森の中の雰囲気ある湖畔沿いの世界へと入ります。

観光名所になっている英国やイタリアの大使館別荘記念公園を走り抜け、文字どおり湖に突き出る八丁出島の少し手前まで行きました。この先はランニングというよりハイキングの道になります。

まだまだ先に行ってみたい気もありましたが、出発してから7.5キロほど。折り返しにちょうど良い距離です。

この湖畔はとにかく空気は澄み渡り、湖畔の水も透き通っています。

散歩している人はほとんど見かけませんでしたが、湖に下半身を浸けてフィッシュングを楽しむ人が数人いました。

そして、湖畔越しにさっき走ってきた対岸の方へ顔を上げると、その奥には綺麗なシンメトリーの稜線を持つ男体山が、雲を払いのけて中禅寺湖を見下ろしていました。

帰りは来た道をたどって戻りますが、日光二荒山神社の前あたりから湖畔沿いの林道を走ります。

この林道はよく手入れされた美しい道で、とにかく光と風と空気が最高に気持ち良い。

すでに知らない土地のロードと不整地を12キロ走ったので、そこそこ疲労してきていましたが、

「ジョギングをするようになって良かった!」と心から思った瞬間でした。

それから、夏に入って地元の片瀬海岸でプロギングを続けていたせいか、一つもゴミが落ちていない中禅寺湖の湖畔に、ジョギング中ずっと感動を感じずにいられませんでした。

そしてこの感動は、とうとう15キロ1.5時間の湖畔の旅が終わるまで、裏切られることはありませんでした。

旅はつづく