2023年7月、Mt.FUJI. SKYRUNNING SEMINARに参加しました。

スカイランニング

スカイランニングは、ランニング形式の快速登山と定義され、同じランニングという言葉でも、普段親しんでいる「走る」というより「駆け登る・下りる」アクティビティです。

ランニングが習慣になって、徐々に走る距離を伸ばして、水平距離で100キロ移動する経験をしたところで、さらなる新たな領域として垂直距離の世界を覗いてみました。

とは言っても、日頃は海抜ゼロメートルに近い平坦な湘南海岸の付近を走っているので、正直言って僕は上りも下りも得意ではありません。

過去のマラソンレースでも毎回アップダウンに苦労しています。

ですので、スカイランニングで経験できる富士山の景色を楽しみながら、この機会にしっかりと上り下りの技術を身につけることを目的に参加したのでした。

舞台は標高2000メートル

今回参加したのはADVENTUREコース

御殿場口右→鉄塔→鉄塔→ワゴニア→トラバース→大砂走り→二ツ塚→砂走り→御殿場口

走行距離8km、獲得標高800m

随所でアドバイスを受けながら走りました。

地図にない道

ADVENTUREコースは地図にない箇所を走るシークレットコースで、

途中で斜面に置き去りにされた車輌のある「ワゴニア」と呼ばれるポイントに寄ったり、

普段の富士山登山ではすることのない大きくトラバース(横断)をしたり、

富士山ならでは砂走りを駆け降りるなどして、3時間余り楽しみました。

最初に登り方、途中で下り方のレクチャーをしっかりと受けたおかげで、実際にその場で試行錯誤しながら実践したことで、上り下りのコツを少し掴めたと思います。

もちろん、上りの走り方やパワーハイクを教わっても登るのは辛いし、下りはスピードが出るとビビってしまいますが、どちらもたくさん経験して慣れることが大事と教わりました。

スカイランニングのレースに参加することは想像できませんが、これから坂道に対する意識は確実に変わりそうです。

また富士山に来ようと思います。