どこを目指してる?

走る人になってしばらくして考えるようになったことがある

走る目的は

走ることの魅力とは

どうして人は走るのか

フルマラソンを完走してウルトラマラソンを走ると、聞かれるようになったこと

「一体どこを目指してるの??」

ランナーが走ることで目指すところとは

箱根駅伝?オリンピック?

これは一般ランナーが目指すところでない

サブエガとかサブ3とかサブ4とか、タイムを追い求める?

少なくとも、僕の感覚はちがう

タイムの目標を設定することはあるが、それは目指すものではない

50歳を超え肉体的に衰えていく中で、走り続ける一番のモチベーションにはならない

そもそも一般的に使う「目指すもの」とは、「○○になる」とか「〇〇を成し遂げる」などが当てはまるだろう

けれど僕の中で走ることは、そういった「成果的なもの」とは結びつかない

マインドフルネス

先日、ある本の中で、「ランニングは『動』の瞑想である」と書かれているのを見つけた

日々の不安や雑念が消えて「今この瞬間」に集中するマインドフルネスな状態

マインドフルネスは、脳の疲労をとり、集中を促し、幸福度を高める

ランナーが走っているときに獲得することができる状態

ヨガのような「静」の瞑想のごとく

走ることを通じて毎回、僕が感じている感覚はこれに当てはまる

距離やコースを決めずに行くゆるランや旅ランをしているとき

苦しすぎずラクすぎないスピードで走り続けると、マインドフルネスな状態になっていく

たしかに走ることで感じるマインドフルネスは、他では得ることができない大きな魅力だ

他人と比べる必要はない

もうひとつ、走ることを通じて会得したこと

ありのままの自分を受け入れ、

そこに自分らしさを見つけたり、

今の体調や気持ちといった、

今の自分を認識して受け入れること

ランニング中は自分を誤魔化すことはできないし、今の状態を敏感に感じてこれを認識して受け入れる

その中で、今できることを見出し、それに集中する

その際に、「他人と比べる必要はない」

これが大事

仕事をはじめ、生き方そのものに通じることではないだろうか

こんなところに、僕は走ることの魅力を感じる

つづく

投稿者
KUGE RUN

九郎

コロナをきっかけにジョギングをはじめる。 「人はどうして走るのだろうか?」 と思いながら普段は地元の江の島周辺を走り、 ときどき各地で旅ランを楽しんでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)