2023年12月3日、地元の第18回湘南国際マラソンを走りました。

死ぬまでにやりたいことリスト

「死ぬまでにやっておきたいこと」のリストがあるとしたら、

決して上位ではなく、たぶん中位から下位の間に位置する候補の一つにフルマラソン完走があったと思います。

そんな中途半端な順位ながら、走ってみたいレースはわりと明確に決まっていて、それがホノルルマラソンと湘南国際マラソンでした。

死ぬまでに「一度」というので、文字どおり一回走ればいい。そういう意味では本命レースはホノルルの方だったか。ミーハー感覚です。

一方、手近なところながら沿道で応援したことのあるマラソン大会、地元のR134を封鎖するお祭りのようなレースに対して僕にはどこか憧れのようなものがあり、湘南国際マラソンは一度は走っておきたいとぼんやりと頭の中にあったのでした。

ぼんやりというのは、ただ思ってるだけでまったく行動が伴わない状態。

いつでもいいが、いつかやってみたい。でも今じゃない。といった感じ。

要するにまったく本気ではない。が、もちろん嘘でもない。そんな曖昧な位置付けでした。

消去法の選択

4年前に突然コロナ禍が起こり、世界中で様々な活動の自粛や制限が行われ、世の中が息苦しくなりました。

外出することが悪とされ、ほとんど行動の選択肢のない中で、比較的堂々と家から外に出て身体を動かすことができることから、僕は何気なくジョギングをはじめました。

当初は御多分に洩れず、走ると呼吸は苦しいし足取りも覚束なかったのですが、外にいる開放感に味をしめて、2回、5回、10回とジョギングを繰り返していきました。

そうしているうちに、「開放」「爽快」「自己肯定」などなど、僕は少しずつ走ることで自分の中に生まれる不思議な魅力を感じるようになっていきました。

4度目の正直

こうしてコロナをきっかけに消去法ではじめたジョギングでしたが、「どうせやるなら」とある日急に思い立ち、湘南国際マラソンにいきなりエントリーしました。

そのときは一度マラソンを走ったら、ランニングも卒業するつもりでした。

ところが、3年前はコロナで中止。

2年前もコロナで中止。

1年前はケガでDNS。(その時の記事はこちら

そしてようやく、初めて湘南国際マラソンに参加できたのでした。

レース後の気持ち

レースは序盤、大磯をスタートして江ノ島で折り返す「地元凱旋ラン」に気分が高揚して、ついつい飛ばし過ぎてしまい、25kmで早々に足が売り切れに(苦笑)。

終盤は西湘バイパス上で相模湾から容赦なく吹きつける向かい風に苦しめられ、今回もマラソンの楽しさと厳しさを満喫(涙)。

それでも目標のサブ3.5は届かずも、何とかセカンドベストでフィニッシュ。

4年間のランニング人生の集大成が終わりました。

コースや沿道に友人知人家族がいて、地元のお祭りのようなマラソン大会は、やはり格別でした。

「一度走ったくらいでは湘南国際マラソンを語るに忍びない!」

走り終わった後の気持ちです。

これからも楽しんで精進します。

つづく

投稿者
KUGE RUN

九郎

コロナをきっかけにジョギングをはじめる。 「人はどうして走るのだろうか?」 と思いながら普段は地元の江の島周辺を走り、 ときどき各地で旅ランを楽しんでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)